借金を返したいけど、どうしたらよいか分からないあなたへ

そろそろ借金とお別れするときではありませんか?

債務整理後にデビットカードは作れる?筆者が自己破産後にすぐ作れたカードを紹介

この記事では、債務整理後のデビットカードの使用や作成について解説します。

 

債務整理後は、デビットカードが作れるのでしょうか?

 

デビットカードは、クレジットカードと同じように使用できる便利なカードです。

 

筆者は自己破産後にデビットカードの存在を知り、さっそくつくってみることにしました。

 

デビットカードは債務整理後でもつくれるという情報を見かけたからです。

 

今回は、筆者が自己破産後につくってみようとしたデビットカードについてご紹介します。

デビットカードとは

 

デビットカードの仕組みと特徴

デビットカードとは、銀行口座や電子マネーと連携したカードです。

 

デビットカードを使って買い物をすると、即時に銀行口座から引き落とされるか、電子マネーの残高が減る仕組みになっています。

 

デビットカードは、以下の3つが特徴です。

 

  1. 利用限度額がないこと
  2. 利息がかからないこと
  3. 信用情報に影響しないこと

 

デビットカードは、カード決済の利便性と現金の安全性を兼ね備えたカードといえます。

 

とくに、債務整理後は金銭感覚の改善が必要となるため、ちょうど良い練習材料といえるでしょう。

デビットカードとクレジットカードの違い

クレジットカードとは、カード会社から借りたお金で買い物をするという仕組みをもつカードです。

 

クレジットカードで買い物をすると、後日に一括または分割でカード会社に返済する仕組みになっています。

 

クレジットカードは、以下の3つが特徴となります。

 

  1. 利用限度額があること
  2. 利息がかかること
  3. 信用情報に影響すること

 

クレジットカードは、カード決済の柔軟性と支払いの選択肢を選べるカードといえます。

 

とくに、分割払いやリボ払いはクレジットカードならではの、自由度の高い支払い方法だと思います。

デビットカードの種類と申し込み方法

デビットカードには、銀行系とプリペイド系の2種類があります。

 

銀行系デビットカードとは、銀行口座と直結したカードです。

 

銀行口座を開設する際に、デビットカードの申し込みをすることができます。

 

銀行系デビットカードの例としては、J-DebitやVisaデビットなどがあります。

 

プリペイド系デビットカードとは、電子マネーと連携したカードです。

 

インターネットやコンビニなどで、デビットカードにチャージすることができます。

 

プリペイド系デビットカードの例としては、SuicaやWAONなどがあります。

筆者は自己破産後すぐにデビットカードを新規で発行しましたが、すぐに審査がおりて発行することができました。クレジットカードの審査より緩やかであることは間違いないようです。

債務整理後のデビットカードのメリット

 

カード決済ができる

債務整理後は、クレジットカードが使えなくなる場合がほとんどです。

 

クレジットカードが使えないと、インターネットショッピングや電子決済などができなくなります。

 

デビットカードなら、口座残高や電子マネーの範囲内であれば、カード決済ができます。

 

デビットカードは、VISAやMastercardなどの国際ブランドに対応しているものが多いので、幅広い加盟店で利用できます。

筆者の場合、ネット通販だけでなく店頭でもデビットカードで決済しています。まったく不便はありませんし、お金を使いすぎるという心配がないので、債務整理後におすすめのカードです。

現金よりお得に買い物ができる

デビットカードで買い物をすると、ポイントやキャッシュバックなどの特典が受けられる場合があります。

 

デビットカードの特典は、カード会社や銀行や電子マネーによって異なりますが、現金よりもお得に買い物ができる可能性があります。

 

具体的には、カード決済することでポイントがたまったり、プレゼント企画に応募できたりするからです。

 

デビットカードの特典を活用するには、利用条件や有効期限などを事前に確認することが大切です。

海外でも利用できる

デビットカードは、海外でも利用できるものが多いです。

 

海外でデビットカードを使うと、現地通貨で即時に引き落とされるので、為替レートや手数料の心配が少なくなります。

 

海外でデビットカードを使うには、海外利用の申し込みや暗証番号の設定などが必要な場合があります。

 

海外でデビットカードを使う際は、安全対策や利用制限などにも注意する必要があります。

家計管理にも最適

デビットカードは、支出がすぐに分かるので、家計管理にも最適です。

 

デビットカードの利用明細は、インターネットバンキングやアプリなどで簡単に確認できます。

 

デビットカードの利用明細を見ることで、支出の傾向や節約のポイントなどが分かります。

 

デビットカードは、予算を決めて使うことで、無駄遣いや借金を防ぐことができます。

債務整理後はとくにお金の使い方に関してシビアにならなければいけません。デビットカードは銀行口座の残高の範囲内でのみ使用できるため、使いすぎるという心配がありません。

債務整理後のデビットカードの注意点

 

口座残高以上の買い物はできない

デビットカードは、口座残高や電子マネーの範囲内でしか買い物ができません。

 

口座残高以上の買い物をしようとすると、決済が拒否されるか、オーバードローになる可能性があります。

 

オーバードローとは、口座残高を超えて引き落とされることで、利息や手数料が発生する場合があります。

 

デビットカードを使う際は、事前に口座残高や電子マネーの残高を確認することが重要です。

支払いオプションがない

デビットカードは、即時に引き落とされるので、支払いオプションがありません。

 

支払いオプションとは、一括払いや分割払いやリボルビング払いなどの支払い方法のことです。

 

クレジットカードなら、支払いオプションを選ぶことができますが、利息や手数料がかかる場合があります。

 

デビットカードを使う際は、一度に支払える金額に合わせて買い物をすることが必要です。

利用・作成できないケースもある

デビットカードは、債務整理後でも作成・利用できると言っても、一概には言えない場合もあります。

 

デビットカードの作成・利用には、銀行口座や電子マネーが必要ですが、債務整理の種類や期間によっては、口座凍結や電子マネーの利用停止などの制限がかかる場合があります。

 

デビットカードを作成・利用するには、自分の債務整理の状況やデビットカードの規約をよく確認することが大切です。

不正利用にも注意する

デビットカードは、カード番号や暗証番号や署名などの個人情報が記載されているので、紛失や盗難やスキミングなどの不正利用に注意する必要があります。

 

不正利用されると、口座残高や電子マネーの残高が減るだけでなく、個人情報の漏洩や信用情報の悪化などの被害が発生する可能性があります。

 

不正利用については一般的なクレジットカードも同様ですが、決済する際に必要な暗証番号は誰にも知られないよう注意してください。

 

デビットカードを安全に使うには、カードの管理や利用明細の確認や不審な取引の通報などの対策をとることが必要です。

債務整理後にデビットカードは作れる?筆者が自己破産後にすぐ作れたカードを紹介まとめ

今回この記事では、債務整理後でも使えるデビットカードについてご紹介しました。

 

筆者は自己破産から8年が経過しましたが、一部のクレジットカードは未だに新規発行することができません。

 

具体的には◯天カードなわけですが、債務整理の対象となっていたので、社内ブラックで永遠に発行できないように思います。

 

でも、◯天カードのデビットカードは自己破産後すぐに発行することができました。

 

◯天銀行の口座さえもっていれば、問題なくつくれるみたいなのです。

 

だから、自己破産から8年が経過した今でも、デビットカードは大活躍しているのです。

 

債務整理をするとクレジットカードは使えなくなりますし、新規発行は極めて難しくなります。

 

でも、デビットカードは問題なくつくれますので、あまり不便だとは思いません。

 

むしろ、口座残高以上の支払いはできませんので、借金グセを直すのに最適なカードだと思います。

 

クレカが心配で債務整理することに抵抗があるなら、デビットカードという解決策があることも知っておくと良いと思います。